トレーズ ツバロフを殺せ

発行日: 01.08.2021

一方、トロワに不意打ちの一撃をくらわせて更なるバーサーク化を遂げたカトルん、   こりゃ触らぬ神に祟りなし、まずは彼の言うとおり距離をとるがセオリー、と誰しもが思ったその瞬間、   その警告を完璧シカトこいて単機特攻していく機体あり。ここまで空気の読めないアホはやっぱり…    「近付かないでって、言ってるだろオー! (銃撃) 」 (カトル) 「 (メリクリウスの防御力で跳ね返して) 言いたいことは、それだけか!」 (ヒイロ) 「全てが狂っているのなら、俺は自分を信じて戦う。…カトル、お前を殺す…!」. 片やデュオ君の方はすっかり一杯一杯の御様子。    「くそう、粋な殺し方してくれるじゃねえか。やっぱり今日はヒイロじゃなくて、俺が出撃してればよかったぜ」    と、さんざ泣き言を吐きながら独房の壁を蹴りまくるデュオ君を尻目に、トロワの置き土産である   ガンダム図面を淡々と眺める五飛。トレーズに与えられた屈辱の経験が彼をすっかり大人にした模様。   それに比べてデュオときたら    「悪いが俺はここでリタイヤだ。あ~~スカっとしない死に方ー 俺ってカッコわりぃ~」   と更なる負けゼリフを吐きつつ床の上をジタバタ。うん、本当にカッコ悪いね。    「カトル。こちらトロワだ。聞こえているか?カトル?」 (トロワ) 「………聞こえてるよトロワ… それ以上近づかないで……トロワ……」 (カトル) 「 ……… 駄目なンだよオ、それ以上近付かないで!! (この一言とともにトロワ機を銃撃) 」 「…カトル? …どういうことだ?」 (トロワ) 「……トロワ?僕はこのガンダムで、狂った宇宙の全てを破壊する。.

やります! 相手が ザク なら 人間 じゃないんだ。 僕 にだって….

トドメを刺さんとするカトルの攻撃からヒイロを庇って、もろに被弾するトロワのヴァイエイト。   今まで無口キャラで押し通していたわりに、ここが死に際と見るや途端にベラベラと喋りだして   「ヒイロ、あまりカトルを虐めるなよ…」の一言を最後に、そのまま宇宙を静かに流れていく、合掌…    「…ヒイロ、離して! トロワが死んでしまう!」 (カトル) 「ああ…お前が殺した…!」 (ヒイロ) 「 逢坂良太 まとめ 」. 僕には…分からなく、なってくる…」 (カトル) 「カトル… 自分の命を狙ってくるものと、自分が倒そうとする目標が敵だ」 (ヒイロ) 「じゃあ、もしその自分が間違っていたら?」. ヘタれ、ここに極まれり、といった感じの勢いで泣き言を連発しまくるデュオの前に、   プレーリードッグと相対したフクロネズミばりの擬態っぷりを晒し始める五飛。   なんかますます人間離れしてきたな。    「……カトル、俺はお前が、過ちを犯しているようと思う…」 (トロワ) 「この戦いに必然性はない…!」.

モビルドールとは" MOBILE D ire ct Opera t iona l Lead ed Labo r"の 略称 。更に略して、" MD "とも表記される。 その名の通り、 無 人による自 律 行動 を行う モビルスーツ の総称である。前述の観点から見れば、 モビルスーツ とは異なり本当の意味での"純 粋 な ロボット "であるといえる。 秘密結社OZの技師長・ツバ ロフ 特佐によって システム が考案・開発され、ローム フェラ 財団のデ ルマ イユ 派 貴族 が中心となり、OZの モビルスーツ 部隊に導入され、後に ホワイト ファング も利用していた。 当初は純 粋 な有人 ウイスキー フロムザバレル おすすめ にモビルドール・ システム を搭載することで 無 人化していたが、やがてOZはモビルドール専用の 量産機 の開発に着手。戦線に投入されることとなった。. トレーズ「かつて、 ボタン 一つで全ての戦いに決着がついてしまう時代があった。その忌わしい精 神 の根 源 が、このモビルドールというものだ。そして、延長にあるものが、あの リーブ ラだ。 戦争 から 人間 性が失われれば、 勝利 も 敗北 も悲惨なものとなり、 神 は、どちらにもその手を差し伸べてはくれない…。」.

MS MS OZ W Endless Waltz.      …    ヨーロッパ 城 写真集 … … ….                トレーズ ツバロフを殺せ   . MS 6 ZZ ….

ガンダムシリーズ前史

ヒイロの胸に手を当てたかと思いきや、いきなり面白サイコメトラーと化し始めるカトル。   正気に戻っても、その受信度合いはあんまし変わってないようで。    第27話:勝利と敗北の軌跡 #リリーナとヒイロによって語られる1話から16話までの回想編。 「 ヒイロ~、はやく、わたくしの元に、戻っていらっしゃ~い 」 毛利元就 バサラ   第4話における 「ヒイロ~、はやく、わたくしを殺しにいらっしゃーい」 に続くゆんゆんセリフ第2弾。   なんなんスかね、この勘違いもはなただしい包容力アピールは。もうすっかり自分の男気取り?    第28話:すれ違う運命 #前回にひき続いてまたもや回想編、17話から26話まで。語り手はトレーズ。  あと最後で、ウイングゼロと並ぶ究極のMSと言われる「エピオン」が、そのシルエットだけ披露。    「束縛は敗北したものの次なる力の礎となるもの。. しかし彼等にその認識は無い。それどこから、彼等自身はまだ戦う意志に満ち溢れているのです」 「美しく思われた人々の感情は常に哀しく、重んじた伝統は弱者達の叫びの中に消え失せる….

トレーズ「私は死者に対し、哀悼の意を表することしかできない…。だが、君もこれだけは知っていて欲しい…。 彼らは決して 無 駄死になどしていない…! そして…」. リリーナvsドロシー、第2ラウンド開始。   「まったく人の話を聞かない」という名の鉄のガードを誇るリリーナも、   「 リリーナ様、私は結果に興味がないの 」というドロシーの愉快痛快パンチをもろにくらって   流石にグラっときた模様。    #本日のローリング。  ヒイロを迎えにきた際のリリーナのこの仕種に大注目。  飛行機のタラップに頬杖つきながら余裕たっぷりの上目使いって、  たまんないぞハート萌え転がるほどヒート!うおおおゴロゴロゴロゴロー.

伝統は霞んで見えることでしょう」 「守るべきものを失い、更に守ってきたものに裏切られた戦士は、歴史上、敗者なのです。. ガンダムのみならず、自分らもこの世の中には必要ないとの断を下すカトル。   自分の存在を完全否定したこの一言の「気」にでもやられたか、突如ゲロはいて   コクピットから落下していくヒイロ。そして二人で自爆エンド、無事この世は救われた…   なら良かったんだけど、ねー    「誰? …地球にいる人だね。…そうだね?」 (カトル) 「ヒイロ、地球へ行こう」.

僕には…分からなく、なってくる…」 (カトル) 「カトル… 自分の命を狙ってくるものと、自分が倒そうとする目標が敵だ」 (ヒイロ) 「じゃあ、もしその自分が間違っていたら?」.

  • 地球圏統一連合軍・スペシャルズに所属する女性士官。 秘密結社OZの総帥である トレーズ・クシュリナーダ の副官でもある。 階級は二級特佐(開始時点)。 名前の由来はフランス語の1(un)。. 実際、指揮官としてガンダムを幾度となく苦しめた存在。 また戦場以外での行動も多く、序盤で邪魔な和平論者を一掃したり、コロニー側との橋渡し役であるドーリアン外務次官の暗殺を行ったりと、影に日向に活動している。.
  • 死を迎え入れることこそ、天使の正しき姿なのだ」 「それは、弱者の考えではありませんか?. トレーズ「私は死者に対し、哀悼の意を表することしかできない…。だが、君もこれだけは知っていて欲しい…。 彼らは決して 無 駄死になどしていない…! そして…」.

.   … トレーズ ツバロフを殺せ …… …! …    …… ….         . F91 V "" W .

TV Series Library

ドクター J「自分の手を汚さず戦うなど最 早 これは ゲーム じゃ。 戦争 を起こす 人間は愚か じゃが 、そこで流される血は 無 駄ではない…。」 プロフェッサー G「愚かな 人間 はその血を見て僅かながら反省ができる。だが ゲーム に成り下がった 戦争 は、娯楽になるからな?」 ドクトル S「いっそ ゲーム で勝負を決めてくれればいいな。そうすれば 誰 も死ななくて済む。」 レディ ・ アン 「相手にその技術があればな。」 ドクター J 「技術が 無 いのではないっ! 戦争 をする 責任 を自分の体で感じる為、 オート 機 能 を与えないのじゃ!」 レディ ・ アン 「与えられるのか。ならば お前 達はもう少し長生きが出来ると言う事だ。」 H 教授 「作れませんね。そんなことするなら死んだほうが マシ です。」 老師O「若い者は合理的に考えたがる。ならば 戦争 こそ、合理的でないわ。」 レディ ・ アン 「 お前 達が造った トールギス 及び、 ガンダム より性 能 の良い MS を造らせてやろうと思ったのだが。」 プロフェッサー G「殺せ!痛くも痒くも 無 い ゲーム 盤の 戦争 に、手を貸すつもりは 無 い!」.

だが、今の私は、逆に自由になった気がする…」 (トレーズ)   幽閉処分を命じられ、地方の古城へと連行されるトレーズ。   「行動はかなり制限させて頂く事になります」と言われて、このセリフを返す。   負け惜しみからじゃなく、コイツは本当に心の底からそう思って言ってそうだから侮れない。 第29話:戦場のヒロイン #ガンダムW終盤の展開を盛り上げ、一部マニアに絶大なる人気を誇るあのキャラが遂に登場。 「カトル、動物は嫌いか?」 (ヒイロ) 「ううん、大好きだよ」 (カトル) 「だったら遊んでやれ。こいつ等はお前の方が好みらしい。動物は優しい奴が本能的に分かる」.

一癖二癖どころか百癖くらいはありそうなドロシー。   友好の意を示したかと思いきや、いきなり反論に転じたり、更には誉め殺しを始めたりと、   その方向性をクルクルと変えまくり。でも基本、丁寧みたいな。こういうの「慇懃無礼」って   言うのだろうか。 第30話:リリーナとの再会 #激化するオズ内紛の中に自ら望んでその身を投じ、無目的に戦いを拡散し始めたヒイロ。  すったもんだあった挙句の果て、結局のところ、子娘の懐へと戻ることとなる。 「ようこそ地球へ。ようこそ戦士のパラダイスへ」 (ドロシー)   地球にへと戻ってきたカトルとヒイロのデータを早速調べあげるドロシー様。   もうやる気満々でーす、って感じの笑顔が超こわい。 「当然だ、俺はガンダムのパイロットだからな」 (ヒイロ)   自らすすんでトレーズ派の傭兵となったヒイロ。   遊撃部隊の指揮官を命じられてこのセリフを返す。おっ前、どんだけ自信があるんだって話だ。 「この世界から少しでも早く戦争がなくなる方法を、一緒に考えてまいりましょう」 (リリーナ) 「お利口さん…」 (ドロシー) 「ドロシー、なにか?」.

死は生まれた時に既に与えられている結果なんですもの 」.

…       … … …. : :.

ヒイロ・ユイとゼクス・マーキス

死は生まれた時に既に与えられている結果なんですもの 」. 一方、トロワに不意打ちの一撃をくらわせて更なるバーサーク化を遂げたカトルん、   こりゃ触らぬ神に祟りなし、まずは彼の言うとおり距離をとるがセオリー、と誰しもが思ったその瞬間、   その警告を完璧シカトこいて単機特攻していく機体あり。ここまで空気の読めないアホはやっぱり…    「近付かないでって、言ってるだろオー! (銃撃) 」 (カトル) 「 (メリクリウスの防御力で跳ね返して) 言いたいことは、それだけか!」 (ヒイロ) 黄橙色 クレオス. アニヲタWiki 仮.

  • 上記の結果として、デュオと五飛を助けることに成功はしたものの、自らはツバロフの凶弾に倒れるアン様。   トレードマークの眼鏡に入ったひび割れがおいたわしや…     「完成度70%!たいして戦えないぜェー!」 (デュオ) 「生き延びたことが不思議なくらいだ。贅沢は言わない」 (五飛) 「逃げるか!」.
  • 僕には…分からなく、なってくる…」 (カトル) 「カトル… 自分の命を狙ってくるものと、自分が倒そうとする目標が敵だ」 (ヒイロ) 「じゃあ、もしその自分が間違っていたら?」.
  • ガンダムを見捨てたコロニー居住者達の為にまだ戦えるかと問われて健気な返事を返すカトル。   そんなカトルを優しく包む姉のイリア。互いが兄妹だと知ったのはついさっきな筈の割りにゃ   いくらなんでも燃え上がるの早すぎだろ。ひょっとしてこのお姉様、単なるショタコン?    「父上、逃げてください!」 (カトル) 「カトル、私が逃げているのだ。決して戦ってはいない」 (カトル父) 「戦いに終わりはない。だから逃げている!それで死を迎えるというなら仕方がない!.
  • なんかもうナマ鯉カジり始めた虎眼先生ばりに曖昧モードに入っちゃったカトル君。   バキシルをキメすぎた統合失調患者のごとく、躁と鬱の間をいったりきたりしはじめ、   哀願してたかと思いきや唐突にキレたりと、もはや手のつけられない状態に。   普通の人間ならとっくに逃げ出してるところだが、相対するヒイロ君もなかなかどうして、   伊達に自殺マニアやってンじゃねえんだよとばかり、あくまでも立ち向かう姿勢を崩さず。    「…まさか、本当にこんなことで、死ぬとはな…」 (デュオ) 「なぁ五飛… カッコいいよなあ…俺のデスサイズヘル… これなら、オズなんてイチコロだよなあ…」.

トレーズ ツバロフを殺せ          ….                …… … …… …. …… … . ああ^ いいっすね^   . MS .

新機動戦記ガンダムW 第37話「ゼロVSエピオン」

そんな彼女だが、過去の経歴は一切不明。 一説には、かつて「炎のアン」と呼ばれた反連合レジスタンスではないか……と言われているが、作中で明言されてはいない。 ただし、小説版では「連合との戦いの最中にトレーズに拾われた」と語っており、元々反連合だった事は確かなようである。. 僕には…分からなく、なってくる…」 (カトル) 「カトル… 自分の命を狙ってくるものと、自分が倒そうとする目標が敵だ」 (ヒイロ) 「じゃあ、もしその自分が間違っていたら?」. ヘタれ、ここに極まれり、といった感じの勢いで泣き言を連発しまくるデュオの前に、   プレーリードッグと相対したフクロネズミばりの擬態っぷりを晒し始める五飛。   なんかますます人間離れしてきたな。    「……カトル、俺はお前が、過ちを犯しているようと思う…」 (トロワ) 「この戦いに必然性はない…!」. この作品はあくまでも資源コロニーとOZプライズという名のロームフェラ財団直属の部隊(後にとある人物が完全に掌握)が主役であり、 ヒイロ や原作の博士達は出ないしほとんど関係ない。せいぜい機体の命名に関係がある程度。 そのため原作の登場人物は彼女と極一部の人物程度しか関わっていなかったりする、ある意味でも珍しい作品。.

………… ………… ……… … … …….      …        …….   …    …… ….

記事を共有する:


同様の材料:

議論:
03.08.2021 23:20 Takara:
第21話:悲しみのカトル #カトルの実家、ウィナー財団を駆逐しようとするオズと、それに反発するカトル父等との抗争勃発。  見どころはゼクス駆るトールギスと、ヒイロ&トロワ操る赤(メリクリウス)/青(ヴァイエイト)  コンビの戦闘シーン。      「誰かに認めてもらう為に戦ったわけじゃないよ」 (カトル) 「でも信じてるんだ。きっとみんな、いつか分かってくれる…!」. 一方、同胞であるトロワが死の危機に瀕しているというこの状況に及んで、   なお目の前の闘いに固執し、どこまでもカトルを滅しようとするヒイロ。   「狂った奴を俺は殺す」って、じゃあ、誰がお前の正気を証明してくれると言うのだね?   (ヘルシングの大佐っぽく)       「デルマイユ公。私はロームフェラー財団の進む道に賛同しかねます」 (トレーズ) 「古き良き伝統とは、人間の奥深い感情が築き上げた、労りの歴史。.

06.08.2021 15:22 Mayuko:
この一言とともに、表舞台から姿を消すトレーズ。   いや、 アンタも大概自由だと思うけどね 。その天衣無縫な発言の数々を鑑みるに。 「容赦のない兵器… それがモビルドールか」 (レディ・アン) 「左様で。ここでの量産システムも完遂いたしました。. 可視化されない人の死が悲劇を生む事は、必ず しも モビルスーツ に限った話ではない。しかし、『 機動戦士Zガンダム 』の第7話では、 毒 ガス によって死滅した コロ ニー(30バンチ事件)の内部で、 クワトロ・バジーナ は可視化しない 殺人 について、以下のように 語 った。.